ホーム > ニュース > 業界ニュース > 使用上の注意事項中の小径ダイヤモンドブレード
製品カテゴリ
ダイヤモンドセグメント(122)
ストーン切削工具(219)
ストーン研磨、研削ツール(898)
ストーン掘削ツール(144)
コンクリート切削工具(47)
コンクリート研削、研磨ツール(495)
コンクリート掘削ツール(30)
セラミックダイヤモンド工具(24)
真空ろうダイヤモンド工具(73)
機械やその他のツール(174)
研磨工具(1)
その他のツールカテゴリ(108)
カット、グラインド、ポリッシュとドリルツール(750)
ホット販売製品
お問い合わせ
お問い合わせ: 福建省南安Boreway機械有限公司。 ADD: Hongxingストリート、Shuitou町、泉州、福建省、中国、 ...
お問い合わせ
最新ニュース

極薄鋸刃の根元の厚さは?

超薄型ダイヤモンドソーブレードは、高精度の特殊用途のダイヤモンド切断ブレードを指します。さまざまな接着剤に応じて、金属接着剤、樹脂接着剤、および電気めっきダイヤモンド切断ブレードに生産が分かれています。

段ボールセラミック鋸刃を正しく使用するにはどうすればよいですか?

セラミックブレードディスクは、特に安定した成熟したダイヤモンドソーブレードで、セラミックや磁器の切断に特に適しています。

流行から身を守るには?

Borewayは、お客様に快適なサービス、高品質のドライカットの小さな鋸刃、マルチサイズの鋸刃、コンクリートなどの製品を研削するためのLitchi平面研削ディスクを提供し続けます。

ダイヤモンド工具は何を知っているべきですか?

ダイヤモンドツールは、名目上はダイヤモンドを作るためのツールであり、バインダーを使用してダイヤモンドを固め、特定の形状、構造、サイズにするツールは、ダイヤモンドツールです。
その中でも、一般的なダイヤモンド研磨ペースト、ローリングソーブレード、常温埋め込みダイヤモンド伸線ダイス、常温埋め込みダイヤモンドツール、ろう付けダイヤモンド複合ブレードツールなどは、あらゆる種類のダイヤモンドツールです。

ダイヤモンドソーブレードのウェットカットとドライカットの違いは何ですか?

近年、用途の拡大に伴い ダイヤモンド丸鋸刃ダイヤモンド丸鋸刃は、より速い速度で発達するように刺激されています。  ダイヤモンド丸鋸刃で材料を切断・加工す...

ダイヤモンド工具製造の主要技術は何ですか?

の硬度のため ダイヤモンド工具 高い、 優れた耐摩耗性、高い熱伝導率、低い摩擦係数と熱膨張、強い化学的不活性など、慎重な研ぎの後の非常に鋭いエッジなので...

研磨ミルにはどのような研磨方法がありますか?

プラスチック金型加工での研磨は、他の産業で必要な表面研磨とは大きく異なります。厳密に言えば、研磨剤でできた研磨工具の研磨を鏡面加工と呼びます。それ自体...

ダイヤモンド研削カップホイールに適した砥粒の選び方

説明する: 適切なグリットを選択する方法 ダイヤモンド研削カップホイール? ダイヤモンド研削カップホイール メタルボンドダイヤモンドは、高強度、優...

ニュース

使用上の注意事項中の小径ダイヤモンドブレード

  • 著者:Choisドン
  • ソース:boreway.com
  • 公開::2017-09-09
 小径のダイヤモンドソーブレードは、大理石、花崗岩、コンクリート、耐火物、セラミックス及び他の脆性材料を切断するために使用することができます。機器を切断するには、通常のポータブル切断機、研削盤で、個々の製品は、ブレードをタイルのような、また、デスクトップマシンに便利です。小径ダイヤモンドは製造方法によれば、ブレードを見ましたが、一般的にグリーンシートと溶接シートに分割されています。焼結チップ高生産効率、価格が比較的安価ですが、折れ先端に発生しやすいコースでは、行列が割れました、ブレードようにシャープではないと見ました。歯は、ブレード、連続的な外周形状の刃、連続刃を囲むタービン翼の形状、タービンブレードの歯の形状点を見た分:焼結ブレードに分割することができます。溶接、レーザ溶接シートは、一般に、ハイエンドの製品に属します。高価なレーザ溶接装置自体が高価な、少しも、焼結後の寒必要マトリックスは、焼結が生産効率が低くに対して刃を見たので、レーザー溶接は、高価な、高価な見たが、レーザーは、ブレード先端と基板の高強度、長寿命の溶接、壊れた、安全性能の利点は、容易に表示されていません。ここで私はあなたの参考のために、記述ことに注意の過程で小径問題を見ました。

       このような安全靴、安全メガネ、ヘルメット、耳の鎧:1、作業者は、かつての事業に関連する保護具を着用しなければなりません。

       2、切断機は、警備員などの安全装置を持っている必要があります。

       使用前に損傷、重度の変形のためにブレードを確認3.、破損した場合は厳しく禁止されています。

       4の汚れは、インストール後にクリーンアップする際に汚れ、摩耗または重度の、ブッシングや機器の交換は深刻な着用のためにスピンドルのベアリングやシャフトスリーブをカッターチャックをチェックあり。

       あなたがブレードをインストール5.示された方向にカッター刃の回転方向と一致して行われなければなりません。カットの方向は、一貫性のない現象につながる簡単に動きません。

       それは湿式切削刃であれば6、使用時に十分な冷却水を追加します。

       カットの大きな深さのために、ブレードを冷却するために、すべて10〜15秒、それが乾燥している場合は、ブレードを切断使用して、ドライカット時間7の数秒間アイドル状態でなければならないことは、切削、水冷切断したドライ切断刃、効果をステップする必要があります良くなります。

       図8に示すように、切断工程が使用を許可側を研削曲線切断、および側面カーブカッティングミルの使用は、ブロック行列を分解または切り離す生じやすい見たことはできません。

       カットは傾斜切削の場合は深さをカットすると、大きすぎてはならない9、、、切断プロセスは、あなたの体と平らな面にブレードをさせないようにしよう、安全に注意を払う、切断工程、異常な音を聞く必要があります切断停止する必要がありますそして、ブレードが破損していることを確認するか、ネジが緩んでいるブレード取付をご確認ください。

      10は、ブレードのジャムのイベントの過程で、それは鈍い刃なったり、陶器ホイール耐火レンガで 再オープンのブレード(刃は陶器ホイールやナイフをカット10レンガの上にある)、再開くブレードは切れ味を復元することができます。

      切断プロセスは、振動強力なノイズが発生した11は、すぐに刃が割れやブロックから、亀裂やブロックから、フィルムを交換する必要があるかどうかを確認するために停止する必要があります。

      12、より2ミリメートル以上側バンの程度を減少させるために切断される材料を越えて鋸刃の切断材を切断します。

      13は、スピンドルブレード絞りと切断機を満たしていない場合は、洗濯機の適切なサイズと結合することができますが、ジッタがあるかどうかを切断刃の間に注意を払う必要があり、もしあれば、ガスケットをオフにチェックする必要があります。あなたが洗濯機をオフに使用し続ける場合には、ジッタを切断する際に、容易に丸鋸刃の損失で、その結果、鋸刃を引き起こす可能性がありますし、使用し続けることはできません。 - 一方の側にはるかに少ない消耗を着用しているヘッドの丸鋸刃側は、あなたが摩耗の程度が低いの外観から異なるヘッドを見ることができます。