ホーム > ニュース > 業界ニュース > ダイヤモンドの開発の見通しのハイエンドの品質分析は、鋸刃
製品カテゴリ
ダイヤモンドセグメント(122)
ストーン切削工具(219)
ストーン研磨、研削ツール(915)
ストーン掘削ツール(144)
コンクリート切削工具(47)
コンクリート研削、研磨ツール(496)
コンクリート掘削ツール(30)
セラミックダイヤモンド工具(24)
真空ろうダイヤモンド工具(73)
機械やその他のツール(174)
研磨工具(1)
その他のツールカテゴリ(108)
カット、グラインド、ポリッシュとドリルツール(750)
ホット販売製品
お問い合わせ
お問い合わせ: 福建省南安Boreway機械有限公司。 ADD: Hongxingストリート、Shuitou町、泉州、福建省、中国、 ...
お問い合わせ
最新ニュース

極薄鋸刃の根元の厚さは?

超薄型ダイヤモンドソーブレードは、高精度の特殊用途のダイヤモンド切断ブレードを指します。さまざまな接着剤に応じて、金属接着剤、樹脂接着剤、および電気めっきダイヤモンド切断ブレードに生産が分かれています。

段ボールセラミック鋸刃を正しく使用するにはどうすればよいですか?

セラミックブレードディスクは、特に安定した成熟したダイヤモンドソーブレードで、セラミックや磁器の切断に特に適しています。

流行から身を守るには?

Borewayは、お客様に快適なサービス、高品質のドライカットの小さな鋸刃、マルチサイズの鋸刃、コンクリートなどの製品を研削するためのLitchi平面研削ディスクを提供し続けます。

ダイヤモンド工具は何を知っているべきですか?

ダイヤモンドツールは、名目上はダイヤモンドを作るためのツールであり、バインダーを使用してダイヤモンドを固め、特定の形状、構造、サイズにするツールは、ダイヤモンドツールです。
その中でも、一般的なダイヤモンド研磨ペースト、ローリングソーブレード、常温埋め込みダイヤモンド伸線ダイス、常温埋め込みダイヤモンドツール、ろう付けダイヤモンド複合ブレードツールなどは、あらゆる種類のダイヤモンドツールです。

ダイヤモンドソーブレードのウェットカットとドライカットの違いは何ですか?

近年、用途の拡大に伴い ダイヤモンド丸鋸刃ダイヤモンド丸鋸刃は、より速い速度で発達するように刺激されています。  ダイヤモンド丸鋸刃で材料を切断・加工す...

ダイヤモンド工具製造の主要技術は何ですか?

の硬度のため ダイヤモンド工具 高い、 優れた耐摩耗性、高い熱伝導率、低い摩擦係数と熱膨張、強い化学的不活性など、慎重な研ぎの後の非常に鋭いエッジなので...

研磨ミルにはどのような研磨方法がありますか?

プラスチック金型加工での研磨は、他の産業で必要な表面研磨とは大きく異なります。厳密に言えば、研磨剤でできた研磨工具の研磨を鏡面加工と呼びます。それ自体...

ダイヤモンド研削カップホイールに適した砥粒の選び方

説明する: 適切なグリットを選択する方法 ダイヤモンド研削カップホイール? ダイヤモンド研削カップホイール メタルボンドダイヤモンドは、高強度、優...

ニュース

ダイヤモンドの開発の見通しのハイエンドの品質分析は、鋸刃

  • 著者:Choisドン
  • ソース:www.boreway.com
  • 公開::2017-08-23
まず、ダイヤモンドのグレードは、約ブレードの価格を見ました
ダイヤモンド丸鋸を約束し、業界の専門家や起業家​​によって無視され、石の処理で最大の量であり、ほとんどの生産・開発ユニットの品種、および一部の製品は国際先進レベルに達しています。しかし、ブレードの靭性、剛性、機械的強度、精度、許容誤差をソーイング、多くのギャップがまだ寿命の点で存在します。組み合わせは、そのような変形、たわみとしてブレードの問題を見て半分半分ほどを使用しています。小翼は、良好な切れ味と切断板が崩壊せず、ブレードの多くは、高品質の石製品を生産requirements.Toユーザに合致しない、高品質のブレードを使用する必要がある必要があります。技術的な観点から、我々は能力を持っています。限定生産のsawbladeの福建省南安ブロードウェイ機械的な組み合わせだけでなく、国内のユーザーのニーズを満たすことができます。 60%の輸出。価格は少し高いでもsawbladeよりますが、供給不足のままである、鋸刃の高品質な市場であることを示しています。もちろん、いくつかの企業は品質を購入することができ、低価格は、ブレードを見ました。したがって、鋸刃メーカーは手頃な価格の、ハイエンドのブレードに、鋸刃の高い中、低学年で、ユーザーのニーズをターゲットにする必要があり、これは現在の国内石の実際の市場の需要に沿ったものです。
第二に、フレームクローム市場のギャップが埋めします
ダイヤモンドフレームソーイングは、大理石のスラブが存在し、市場の需要で上昇、大理石のスラブを処理するための重要な装置です。しかし、「脂肪」はほとんど輸入さ板で占められています。フレームは中国でのダイヤモンド生産とソーイングと長い時間を輸入に頼って、斑状見た上の理由、一方では大理石のスラブの国内生産への不十分な注目、そのサプライヤーの欠如。したがって、ダイヤモンド工具業界は、市場でこのギャップを埋めるために、できるだけ早く、開発、ダイヤモンドソーブレードの生産に注意を払う、中国市場の潜在力をつかむ必要があります。
第三に、ダイヤモンドワイヤーソー改革と革新することにします
鉱山と特別な処理のための2つを含む、ダイヤモンドワイヤーソー、。現在ではワイヤーソーの研究開発で、遅々として進まない、特定の成果にもかかわらず、しかし、一般的な印象、修理サービスは、ワイヤソー不安定な品質、低い平均寿命、ロープや他の問題の国内生産を維持することはできませんということですアップ、改革と革新が必要とされています。
第四に、特殊な形石器の可能性
経済の発展に伴い、特殊な形の石、開発、ツールロットの成長市場の需要。特殊な形の石、鋸切断、切削加工、フライス加工のために、穴あけ工具は、仕様書、複雑な構造を使用しています。現在では、製品のほとんどは、試作を持っていますが、品質、多様性と仕様の面で、さらに増加すると改善します。小さなダイヤモンドバンドのために安定した品質を生産、多くの年の国内生産を見て、輸出の一定量を持って、普及を強化する必要があります。シンダイヤモンドバンドはブレードを見て、大きな市場の潜在力を持って、まだ開発されていません。
21世紀の石とダイヤモンド産業のための短い、広範な展望では、我々は自信を構築し、市場の発展に適応するための、より鮮やかなパフォーマンスを作成するために、科学技術、継続的な改善と革新への投資を増やす必要があります。